体調不良の時は食べないほうがいい

風邪をひくなどして体調を崩したときに、食欲がなくなるときってありますよね。

 

そんなときに、早く良くなるために栄養をつけないとって考えて、
無理して食べてたり、まわりの家族が無理やり食べさせようとしたりするのはよくある光景。

 

でも、これって実は正しいとは言えないそうです。
食欲がなくなるのは、体が今は何も食べないほうがいい言っているサインなのです。

 

これは消化に酵素を使うのを控えて、代謝に酵素を使うことで、
体調を回復させようというカラダの自然な反応なんですね。

 

だから、長い期間だと問題あるかと思いますが、
食欲がないのであれば、水分だけはしっかり摂って、
食欲がなければ1食や2食くらい食べなくてもいいんです。

 

もし食べるのであれば消化に良く、酵素がたくさん含まれている野菜・果物などがいいでしょう。
できればジュースにしたりすれば、消化による胃腸への負担が少ないのでいいと思います。
また、リンゴをすりおろしたものや、大根おろしなんかは酵素がたくさん摂れるのでいいですね。
(すりおろすことで酵素量がかなり増えるんですよ)

 

間違っても、パワーをつけなきゃ!なんて考えて、
肉とか炒め物なんてのを食べるのはNG!

 

これでは体が回復しようとするのを邪魔しているだけです。
消化酵素を大量に使うハメになり、代謝に酵素が使えなくなってしまいますからね。
回復を遅らせてしまうだけですのでやめておきましょう。

 

体調不良のときは、食べたくないのなら食べなくてOK!
無駄なエネルギーを使わずにしっかりと休息と水分をとり、
食事は酵素たっぷりな胃腸に大きな負担のかからない物を食べるようにしましょう。

 

そうすることで、カラダが体調を回復するための活動に、
エネルギーを集中させることができますので、
回復までの時間がかなり違ってくるはずですよ。

おすすめ酵素液ランキング

体調不良の時は食べないほうがいい関連ページ

酵素ってなに?
酵素のはたらき
酵素液とは
酵素を節約するために