酵素 節約

酵素を節約するために

いつも元気に健康でいるためには、消化酵素を節約して、
できるだけ代謝に酵素を使うような生活を心がけることが重要です。

 

代謝に酵素をたくさん使うことで、
新陳代謝が活発になるため太りにくくもなります。

 

では、どのようにしたら消化酵素を節約することができるのでしょうか。
いくつかあげてみましょう。

少食にする

食べ過ぎはもってのほかです。
最低でも腹八分目、できれば六分目くらいが理想かと思います。
食べる量が少なければ、消化酵素も少なくて済みます。

 

長寿の人って、少食の方が多いようですね。
あと動物の実験でも、たくさん食べさせた動物よりも、
少なめの食事のほうが長生きするというデータが出ているようです。

3大栄養素を摂り過ぎない

炭水化物、脂質、タンパク質は消化に大きなエネルギーが必要です。
それに伴い、酵素も大量に必要となってしまうのです。

 

ご飯と肉を山盛り食べるなんていうのは最悪です。
例えば牛丼とかって、すごいおいしいんですけど、
実はご飯と肉を同時に食べると、消化に物凄い大きなエネルギーを必要とするんだそうです。
当然、酵素の消費も相当なものになるはずです。

白砂糖は控える

ブドウ糖と果糖は、それぞれ質の良い栄養素となるのですが、
この2つが合体した白砂糖の成分であるショ糖は質の良い栄養素とはいえません。

 

酵素がこのショ糖を、ブドウ糖と果糖に分解しようとしても、なかなかできないんだそうです。
消化酵素を大量に使ったあげくに消化不良になりやすいということなんです。

動物性たんぱく質は控える

肉や魚などの動物性たんぱく質は、とても多くの酵素を消費します。
疲れてるときに、パワーをつけるために肉を食べよう!
なんていう人が多いですが、はっきり言って逆効果です。

 

食べた瞬間は元気が出る気がするかもしれませんが、
すぐに消化に大きなエネルギーを使うので疲れるだけです。

食品添加物をできるだけ摂らないようにする

普通に何も考えずに暮らしていると、多くの食品添加物を摂ってしまうものです。
食品添加物は体に良くないのはもちろんのことですが、

 

酵素の働きを邪魔したり、酵素を変容させて発がん性を高めたりするなどして、
たくさんの酵素を浪費させてしまうんだそうです。
できるだけ食品添加物の入っていない、自然な食品を選びたいものです。

おすすめ酵素液ランキング