酵素 はたらき

人の身体における酵素のはたらき

人のカラダにおける酵素の働きについて説明していきます。

 

私達は体内において、多くの酵素を作り出すことができますが、
無尽蔵に作れるわけではなく、ある一定の量以上は作り出すことができません。

 

この一定量の酵素は「潜在酵素」と呼ばれていて、
まずは食べた物の消化を行う「消化酵素」として必要に応じて優先的に使用され、
余ったものが「代謝酵素」として使われると言われています。

 

消化酵素

食べた物を消化するために内臓などから分泌されて使われます。
たんぱく質ならたんぱく質の酵素、デンプンはデンプンの酵素というように、
様々な酵素がそれぞれの役割に応じて、体内で食べ物の消化のために働いています。

代謝酵素

吸収した栄養を細胞で働くようにしたり、
毒素や老廃物を排出する働きをしたり、身体の悪い部分を直したり、
免疫力を高めたりします。ホルモンバランスを調整したりもしています。

 

このように説明すると酵素は2種類つしかないように思われると思いますが、
実際は、1種類の酵素は1つの役割しかはたせないようなっており、
様々な役割を持った酵素が発見されているだけでも数千種類も存在しているんだそうです。

 

酵素の無駄遣いに気をつけよう

ストレスや、有害物質・活性酸素の除去、腸内の環境が悪化、
肉体的疲労や暴飲暴食、肉類などの食べすぎ等により、酵素は大量に消費されてしまいます。

 

少しでも無駄な酵素を消費しないためにも、適度な休息やストレス発散をすることを心がけ、
暴飲暴食やジャンクフードの食べ過ぎには十分気をつけるようにしていきましょう。

 

また、無駄遣いを少なくするとともに、
酵素が多く含まれる「生の食べ物」や「発酵食品」をしっかり食べることもひじょうに大事。

 

食べ物から摂れる酵素は「食物酵素」と呼ばれており消化に使われます。
食物酵素を多く摂ることで、体内で作られる酵素を消化に使わずに済みますので、
その分代謝に多くまわすことが可能となるため、体の機能が円滑になり、
それが健康に繋がるのです。

 

食事の際、食べる順番は酵素が多く含まれているものを先に食べるようにすることも大切です。
そうすることで、お腹の中にあらかじめ酵素を用意しておくことができますので、
あとから入ってきた食物もスムーズに消化できるようになるだけでなく、
体内で作られる酵素の節約にもなるのです。

おすすめ酵素液ランキング