酵素断食 注意点

酵素断食の注意点

酵素断食は、食事のかわりに酵素ドリンクを飲むというものですが、
それ以外にも実行するにあたり、いくつかの注意点がありますので説明しておきます。

 

水はたくさん摂る

酵素断食中は水をたくさん飲むようにしましょう。
ただし、コーヒーや紅茶、アルコールなどはダメです。

 

常温の水かぬるま湯を飲むようにしてください。
あまり冷たい水も、休んでいる胃腸がビックリしてしまいますので避けましょう。

 

普段、食事に含まれる水分を酵素断食中には摂れません。
その分を補うためにも水は多く飲むようにしましょう。
水を多く飲むことによって、デトックス効果も高まります。

 

できるだけコマ目に飲むのがコツです。
一気飲みは胃腸に負担がかかりますし、体はそんなに一気に水分を吸収できませんからね。

 

体調不良のときはやめる

体調が悪いときは、酵素断食を開始しないようにしてください。
しっかり体調が回復してからやるようにしましょう。

 

やると決めたからやるなんていう根性論は不要です。
その根性は酵素断食中に発揮するようにしましょうね(笑)

 

好転反応が出ることがある

酵素断食中に好転反応が出ることがあります。
頭痛が始まったり、だるくなったり、吹き出物が出たり。。。

 

この好転反応は、健康度が低い人ほど表れることが多いと言われており、
体の中の悪いものが一気に解放されることから起こるようです。
(水分や酵素ドリンクの摂取量が少ないと好転反応が強くなる傾向もあるようです)

 

なので、酵素断食中に好転反応が出たからといって中断する必要はなく、
むしろ効果があがってるということなので大丈夫です。

 

私も何回かの酵素断食で好転反応と思われる
頭痛やだるさの症状がでましたが、その症状は1日以内におさまりました。
正直、中断してしまいたいと思うこともありましたけど、なんとか耐えましたね。

 

ただ、この好転反応はかなり辛いケースもありますので、
仕事をしなければいけない時など、ゆっくり横になることが許されないケースでは、
酵素断食を中断するのも仕方ないでしょうね。

 

こういうことも考えられるので、
酵素断食はできるだけ休みの日にやりたいものですね。

 

長期間行わない

1日3回の食事すべてを酵素ドリンクに置き換える場合は、
酵素断食の期間は最高でも3日までにしましょう。
それ以上の期間で行うのは危険が伴います。

 

私はすべて置き換えるときは2日間で行っています。
辛さと効果を考えると2日間がちょうどいいのかなって思いますよ。

 

酵素断食終了後は回復食にする

酵素断食って、実は終了後の回復食が一番大事なんじゃないかって個人的には思います。

 

やっと終わったと思って、たくさん食べたくなるんですよね。
でも、そこは我慢しなければいけません。

 

休憩していた胃腸に、急に大量の食べ物を入れてしまうと消化不良の原因になり、
かなり大きな負担を胃腸に強いることになります。

 

また、今までカロリーを摂らずにいた分、体がエネルギーを吸収しやすい状態になっていて、
普段よりも太りやすい状態にあるのです。

 

なので、酵素断食終了後は消化に良いものを少なめに食べるようにしましょう。
いきなり牛丼の大盛!なんてものを食べてしまうと、今までの努力が水の泡です。
胃腸に負担をかけてしまううえにリバウンドの原因になります。

 

終了後、2日間くらいは軽めの食事をするようにしましょう。

おすすめ酵素液ランキング